大型3Dプリンター・業務用3Dプリンターは高い精度と安定性が持ち味

大型3Dプリンターは、高い精度と安定性が持ち味です。大型の業務用3Dプリンターは、低価格化が進んでいる家庭用の小型3Dプリンターとは比較にならないほどの高い精度と安定性、そしてもちろん、大型の造形物を出力することができます。この記事では、業務用大型3Dプリンターの魅力をご紹介すると共に、大型3Dプリンターを中心とした市場動向や選び方をご紹介します。

大型3Dプリンターについて

3Dプリンター

大型3Dプリンターは高精度、そして高い安定性が持ち味です。3Dプリンターは、業務用・家庭用共に低価格化が進んでいますが、多くの方にとって馴染みがあるのは、数万円程度、ときには1万円程度で販売されていることもある家庭用の3Dプリンターではないでしょうか。家庭用の3Dプリンターはコンパクト。手軽にアクセサリーなどを作ることができますが、製作物の大きさはかなり限定されます。業務に小型3Dプリンターの導入をお考えの方もいらっしゃると思いますが、やはり現状の家庭用では能力が限定されてしまうため、とてもおすすめできません。やはり業務用で3Dプリンターを導入するのであれば、大型の3Dプリンターがおすすめです。

業務用大型3Dプリンターとは

業務用の大型3Dプリンターとは、家庭用の3Dプリンターよりも精度が高く、出力も大きい3Dプリンターのことです。大型3Dプリンターは、これまでも製造業を中心にさまざまな業種で活用され、日本のもの作りを支えてきました。近年は一般家庭用の小型3Dプリンターが安価になったため、あまり精度や耐久性を求められない試作品などであれば、ある程度のスペックを持つ家庭用でも十分との意見もあります。しかし、業務用でも家庭用でも、大切なのは用途に合わせて選ばなければならないということです。業務における3Dプリンターの使用頻度は、一般家庭におけるそれとは比較になりません。したがって業務用の3Dプリンターには耐久性が求められます。そして当然、ビジネスでは生産効率アップも求められますので、成型にかかるスピードなども求められるでしょう。

業務用と家庭用の比較

3Dプリンターは、すでにお話ししているとおり、業務で用いる「企業向け」のものと、一般家庭での使用を前提とした「個人向け」のものがあります。これらの3Dプリンターの違いは「性能」と「価格」です。業務用は高性能、高価格。一般家庭用は性能が劣り低価格、という特徴があります。このことから考えても、業務用なら業務用を選ぶことは当然だと言えます。もちろん、一般家庭用3Dプリンターのハイスペックモデルは、かなりの精度で造形が可能になっています。しかし、企業での使用を考えるなら、より豊富な材料に対応し、積層方式のバリエーションも豊富な業務用から選択するのがおすすめです。

大型3Dプリンターの特徴

大型3Dプリンターには、大型なりの特徴(魅力)があります。

高い精度

3Dプリンターの精度は積層ピッチで決まると考えている方は多いものです。しかし、これは正しい考え方ではありません。もちろん積層ピッチは精度を決める重要な要素であることに違いはありませんが、それ以外にも機械の構造、データをスライスする方法、そして解像度も精度に影響する要素です。大型3Dプリンターは、これらの要素が家庭用のものよりも充実しているのです。

高い安定性

3Dプリンターに限ったことではありませんが、機械は稼働時間が長くなると安定性に関する問題が発生しやすくなります。3Dプリンターの場合、造形にかかる時間が長くなるため、高いレベルの安定性は、より正確な成型を行うために欠かせない要素となります。たとえば出力中に停電が発生した場合でも、大型3Dプリンターなら多くの場合、出力をいったん中止し、電源が回復してから出力を再開するような、高い安定性を備えています。

造形サイズが大きい

また、3Dプリンターは、単純に機械の大きさを超えるような成型物を出力することはできません。そのため、大型になればなるほど、大きいサイズの成型物の出力が可能になるのです。

将来が明るい大型3Dプリンター

3Dプリンターは、日本においては2013年頃に大ブームになり、メディアで毎日のようにその話題が取り上げられていました。現在はこのブームも去り、3Dプリンターの販売台数自体も少し伸び悩む傾向にあります。しかし市場全体で見ると、実は成長しているのです。

3Dプリンターマーケットの動向

このように、本体の販売台数は減少しているものの市場全体が成長している理由は、材料やアフターサービス、造形サービスなどが拡大しているからです。特に材料についてはテクノロジーの発展がめざましく、これまで樹脂中心だった材料にプラスして、セラミックや金属、ゴムといった系統の材料が使えるようになったのです。
現在も家電量販店などで一般家庭向けの3Dプリンターを手に入れることはできますが、ブームが続かなかった理由として、当時販売されていた製品の低い造形精度があることは無視できません。もちろん、コンパクトな3Dプリンターの需要はありますし、テクノロジーが進歩して、クオリティの高い家庭用製品が登場する可能性はありますが、現在のところ、一般家庭用3Dプリンターの市場は縮小していくと考えられています。
一方、業務用の大型3Dプリンターですが、こちらは材料市場の活況もあり、これからも安定した状態が続くことが予想されています。大型3Dプリンターは造形精度の高さが魅力であり、これまでも多くの企業が試作品(モックアップ)などの製作に使用してきました。今後は製品クオリティやテクノロジーの向上により、実際の製品の生産にも3Dプリンターが使われるようになるでしょう。業務用大型3Dプリンターの前途は明るいと言えます。

大型3Dプリンター選びのポイント

3Dプリンター

業務用大型3Dプリンターは、家庭用とは対照的に目を見張るほどの進化を遂げています。プリンターメーカーも自社の強みを発揮しながらアイデアあふれる製品を市場に送り出していて、健全な競争が行われていると言えます。しかし、テクノロジーが進化を遂げても、それを導入する企業にとって必要なものでなければ意味がありません。導入を考えたとき、自社にマッチした機能を使えれば事足りるのです。ここからは、大型プリンターを選ぶ際に必ずチェックしなければならないポイントについてご紹介します。

造形方式と材質

造形方式は、3Dプリンターの「タイプ」です。この造形方式は5種類に大まかに分けられ、それぞれの方式で使える材料は違います。たとえば、一般家庭向けのコンパクトな3Dプリンターのほとんどは「熱溶解積層方式」を採用していますが、この方式では材料としてプラスチック樹脂を使用します。インクジェット方式の3Dプリンターでは、アクリル樹脂を材料として使います。表面のフィニッシュがなめらかで、複雑な形やデザインにも対応しています。それぞれの造形方式と材質には特徴があるため、性質を理解した上で自社に最適な製品を選びましょう。

サイズは重要

小型の3Dプリンターで大きな物体を成型することはできません。もちろん分割して作ることは可能ですが、時間も手間もかかるため、効率的ではないでしょう。3Dプリンターは造形サイズが大きくなればなるほど、大きいサイズを用意する必要があります。しかし、「大は小を兼ねる」というほどではありません。目的に合った大きさのものを準備するようにしましょう。

精度

3Dプリンターの精度は、積層ピッチだけで決まるわけではありません。この他にも精度に影響するさまざまな要素があるので、積層ピッチだけにとらわれず、メーカーの説明を聞きながら総合的に判断するようにしましょう。

サポート体制

最後にサポート体制です。どんな製品やサービスを購入する際も、サポート体制の充実したメーカーを選んでおけば、トラブルが発生した場合でも安心です。